おかげ様をもちまして 10月のさくらは 6月で 四周年を 迎えました。『10月のさくら』のスイーツでどうか、皆さんが幸せになれますように・・・

 

『10月のさくら』はヨーロッパの伝統的な焼き菓子やタルト、フルーツたっぷりのコンフィチュールなどの販売を 行なっています。お菓子は人を幸せにする。そんな思いを心に留め置き、 すべてのお菓子のベースにしています。

もちろん保存料はなるべく使用せず、マカロンなどは色粉を極力使わないように、野菜の粉を使ってその鮮やかな色を出す努力をしています。

見えないパティシエのこだわりを、是非一度味わって、感じ取って頂きたい。

内容によっては、ご注文を頂いてからお時間を頂く場合もございます。お急ぎの方はその旨ご了承ください。

厳選、新鮮な素材から心を込めてお作りします。 『10月のさくら』のスイーツでどうか、皆さんが幸せになれますように・・・。パティシエ藤井の願いです。

 

昨年10月に開催された

『第3回おのみちスイーツコンテスト』

で、見事、準グランプリを 頂いた商品です。 ほんのり塩味の残る厚焼きクッキーに、尾道の特産いちじくをコンフィチュールにし、香ばしい クルミと共にサンドして焼き上げました♪

おのみちいちじくのガトーバスク

体に優しく安全な商品を目指しています。その為には材料にはこだわりが尽きません。
自然の味を素直に伝えられるよう、材料選びには今後も前向きに取り組んでまいります。

強力、薄力粉ともに国産小麦を使用。米粉も大阪より取り寄せて製菓専用の米粉を使っています。

ベーキングパウダーも使用する場合は、マグネシウムフリーのものを使用しています。

製菓用微粒グラニュー糖、粉糖、ざらめ糖の定番材料に加え、原始的な製法で作られた「古式原糖」や砂糖大根から採れる「てんさい糖」もよく使います。

低甘味料にもなるトレハロースも用途に合わせて使用しています。

基本的にバターを使用しています。ごく稀に食感の為に植物性油脂を使うこともあります。

ただ、バターの風味をしっかり味わって頂くことを目指しています。

基本的に100パーセント生乳を使用しています。

10月のさくらのパティシエが選んだ一番好きな生クリームです。

主にフランス産のチョコレート、カカオプードル、カカオマスを使用。

用途によってはベルギー産の製品も使います。

広島県産の蜂蜜を使用。それ以外は使用していません。

たくさんの種類があり、そのあじわいも深く、何より国産の安心の蜂蜜です。

奈良県 大宇陀産の野菜のパウダーを使っています。

また大和茶(緑茶)は、田原で採れた無農薬大和茶のみを使用しています。

(株)果実企画さんの果物を使っています。

詳細は画像をクリックしてください。

 

Microsoft Internet Explorer6.0以上、 Apple Safari 3.0以上、 Opera 8以上を推奨します。Firefoxは表示されないところがあります。

 

リンクフリーです。ご自由にお使いください。
その際は御一報戴けると有難いです。


Copyright .Patisserie Cerisiers d’octobre ., Ltd. All Rights Reserved.